歯周病 歯磨き粉 ヨーグルト

MENU

歯周病にヨーグルトが効く!?驚きのこの噂の真相を徹底リサーチ!

一時期テレビなどでも取り上げられ、効果があると期待されているのがヨーグルトを使った歯周病予防です。

 

このサイトでもお伝えしているように、歯周病の原因は歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)に食べカスが詰まり、そこに細菌が繁殖してしまうこと。
つまりこれらの細菌を効果的に撃退できれば歯周病の予防ができる、ということになります。

 

そこで注目されたのがヨーグルトに含まれる乳酸菌の力です。

 

乳酸菌は虫歯菌や歯周病菌と相性がよく、これらの撃退に向いているといわれています。
ただし、ヨーグルトは無糖のものを使わないと口内に糖分が残ってしまうので注意して下さいね。

 

 

具体的な手順としては

  • まずは通常の歯磨き粉を使って歯をキレイにする。
  •  

  • 終わったら別の歯ブラシにヨーグルトをつけ、ブラッシング。
  •  

  • 最後にヨーグルトをスプーン一杯程度とって口をゆすぐ。

 

となります。
最後に口をゆすぐ際、水でゆすいでしまうと乳酸菌が口内から流れ出てしまうため、使用しない方がいいようです。

 

 

まず通常の歯みがきを行うことで口内の食べカスなどをしっかりと取り除き、次に乳酸菌でブラッシングすることで今度は細菌の撃退を行う…確かに理にかなったケア方法といえるかもしれません。

 

デメリットがあるとしたら、ブラッシングが二度手間になってしまうこと、食べ物をそういった用途で使うことに何となくためらいがあること、あたりでしょうか。

 

このサイトでも紹介しているような、殺菌作用のある成分が配合された歯みがき粉でも同様の効果が期待できますし、そちらはブラッシングが1度で済みますので、私としてはこちらがお勧めです。

 

 

ヨーグルトを使う方法はテレビで取り上げられたこともあり、多くの方が実践している方法だと思います。
根拠のないケア方法でもないと思いますし、もし試してみたいと感じたら、1度やってみるのもいいかもしれませんね。