糖尿病 歯周病

MENU

糖尿病と歯周病の関係は?双方の病気が更なる進行を及ぼす理由!

 

はぐきの腫れや歯磨き時の出血、酷いものになると歯ぐきがやせ細ってしまったり、歯が抜けてしまったり…

 

歯周病の症状には様々なものがあり、その影響に苦しんでいる人も多いかと思います。

 

 

ところがもう一つ、歯周病の症状として避けては通れない重要なものがあります。

 

それが歯周病によって糖尿病が悪化する危険性があるということ。

 

 

一件関係のないように思える糖尿病と歯周病

 

なぜ歯周病が進行することで糖尿病が悪化してしまうのか…その理由を調べてみました。

 

 

糖尿病と歯周病の関係!

 

まずおさらいとして糖尿病の原因に触れてみようと思います。

 

糖尿病とは、食べたものから分解された糖分が、体内に吸収されにくくなり、血液中に糖分が溜まってしまう状態(高血糖)が続く病気のこと。

 

さらに糖尿病は心臓病、腎臓病、脳卒中、失明などの合併症を引き起こす危険性があるとも言われています。

 

 

ここで重要となるのが、歯周病に罹った際に歯ぐきの中で作り出される炎症性物質

 

この炎症性物質は歯ぐきの腫れなどを引き起こしますが、それだけでなく血液を介し、インスリンの働きを妨げてしまいます

 

インスリンは血糖をコントロールするホルモンですから、この働きが妨げられてしまうと糖分の吸収が上手くいかず、糖尿病になりやすい状態になってしまうというわけです。

 

 

逆に、今現在糖尿病に罹っている人は体の中の防御反応が低下しているため感染症にかかりやすい状態になっているといわれています。
歯周病は口内が細菌に感染した状態ともいえますので、糖尿病の人ほど歯周病になりやすいともいいかえることができます。

 

 

このように糖尿病と歯周病は一見すると全く違う病気のように思えますが、お互いがお互いの進行を早めてしまう関係にあるのです。
もしも今

  • 歯周病に悩んでいるなら糖尿病を引き起こさないように
  • 糖尿病に悩んでいるなら歯周病を引き起こさないように

しっかりとした対策を取ることが懸命だといえますね。