歯周病 洗口液

MENU

歯周病は洗口液で予防できるのか?その効果と真実を徹底リサーチ!

 

歯周病歯の黄ばみ、そして口臭…オーラルケアに対する関心は年々高まっていますよね。

 

歯磨き粉や歯ブラシなども様々な商品が出回るようになる中、同じように注目を浴びているものが洗口液

 

 

洗口液とは簡単に言ってしまえばうがい薬のようなものでマウスウォッシュとも呼ばれ、発売先のメーカーからは歯周病(歯肉炎)歯垢の沈着口臭などに効果があるとされています。

 

このページではそんな洗口液が本当に歯周病に対して効果があるのか、それを調べてみました!

 

 

効果はイマイチ期待できない?歯周病に対する洗口液の働きをリサーチ!

 

洗口液として有名なのはジョンソン・エンド・ジョンソンのリステリンアース製薬のモンダミンウエルテックのコンクールFあたりでしょうか。

 

これらの洗口液に含まれている成分としては

グルコン酸クロルヘキシジン

生体消毒薬。適用時だけでなく、残留して持続的な殺菌・抗菌作用を発揮する働きを持っているとされています。

 

グリチルリチン酸モノアンモニウム

カンゾウの根に含まれるグリチルリチンの誘導体。抗炎症作用があるといわれ、スキンケア商品などでも利用されています。

 

 

などがあります。

 

一見するといかにも歯周病に効果がありそうに見えますが、実は大きな落とし穴があります。

 

それが口内のバイオフィルムと呼ばれるものなんです。

 

 バイオフィルムとは?

 

台所やお風呂場などに意外と落ちづらいヌルヌルが発生したことはありませんか?そのヌルヌルこそがバイオフィルム。

 

バイオフィルムは細菌が作り出すバリアのようなもので、その中で薬剤や殺菌剤から身を守って生息しているんです。

 

 

歯周病の口内にはこのバイオフィルムが形成されていて、洗口液などが患部に届くのを妨害してしまっています。

 

そのため、どんなに優秀な有効成分であってもその効果を十二分に発揮することができません

 

 

歯周病に洗口液は効果がないとは言い切れませんが、そこまでの期待はできないというのが事実といったところでしょう。