歯周病 親知らず

MENU

歯周病は親知らずの方がなりやすい?その理由と原因をリサーチ!

 

成人日本人の80%が罹っているといわれ、最早国民病といっても差し支えのない歯周病

 

生活環境や口内環境によってもその差が出てきますが、同じ人の口内によっても歯周病になりやすい箇所となりにくい箇所が存在します。

 

 

ではどんな場所が歯周病になりやすいのか…それは親知らずだといわれています。

 

なぜ親知らずが歯周病になりやすいと言われているのか、その理由と原因を調べてみました。

 

 

歯周病は親知らずの方がなりやすいとの原因とは?

 

親知らずは虫歯になりやすい
そんな話を聞いたことがある人も多いと思います。

 

歯科医のデータなどによるとそれも事実で、ほぼ同じ原因によって歯周病にもなりやすいと考えられています。

 

親知らずが歯周病・虫歯になりやすい原因

 

食べカスがたまりやすい

口内の一番奥に生える親知らず。その場所の関係から食べカスがたまりやすく、細菌が繁殖しやすいといわれています。

 

歯磨きがしづらい

上と同様の理由で歯磨きをしてもしっかり磨くことができず、細菌が繁殖しやすいといわれています。

 

歯ぐきがかぶり、膿がたまる

親知らずが正しく生えている人は意外と少なく、80%が斜めに生えていたり、歯ぐきがかぶっているとされています。
その歯ぐきにプラークがたまり、膿がたまりやすいといわれています。

 

隣の歯の虫歯や歯周病の原因にも

親知らずが正しく生える人の割合はとても少ないため、斜めに生えたり噛み合わせが悪くなってしまうことによって隣の歯に大きな負担をかけてしまうことがあります。
歯ぐきにも負担がかかることで炎症などが起こりやすくなり、歯周病に罹りやすい状態となってしまいます。

 

 

親知らずの抜歯に関しては、自分の口内状況をしっかりと把握した上で、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。

 

日々のケア、歯磨き時などに親知らずをしっかりと意識するだけでも歯周病の予防効果は大きく変わってきますので、常に心がけていきたいものですね。