ガム・デンタルペースト 効果

MENU

ガム・デンタルペーストの効果!定番歯磨き粉の歯周病への働きとは?

 

サンスターから発売されている歯周病歯磨き粉、ガム・デンタルペースト

 

歯周病とたたかうサンスター・ガム
この言葉をCMなどで聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

 

その言葉通りサンスターは25年以上の年月をかけて歯周病と闘っていて、ガム・デンタルペーストはその集大成の歯磨き粉だともいえるでしょう。

 

では、そんなガム・デンタルペーストにはどんな成分が配合されているのでしょうか。

 

 

ガム・デンタルペーストに配合された成分の効果と働き!

 

歯周病は口内に残った食べカスなどに繁殖した細菌が出す毒素によって起きるもの。

 

歯周病の予防・対策には殺菌作用のある成分が配合されているかどうかが大切ですが、ガム・デンタルペーストには以下の成分が配合されています。

 

CPC(塩化セチルピリジニウム)

ピリジン環を有する四級アンモニウム化合物。
高い抗菌・殺菌効果を持っている成分で、口内で繁殖する歯周病の原因菌を殺菌してくれます。

 

また、殺菌された歯周病の原因菌はLPSという菌の破片となって口内に残り、再び歯周病を引き起こす要因となってしまうことがあります。
CPCはこのLPSを吸着除去する働きも持っています。

 

 

GK2(グリチルリチン酸ジカリウム)

漢方の原料として知られる甘草の根に含まれているグリチルリチン酸とカリウムを化合させた成分。
古くから抗炎症作用・抗アレルギー作用があることが知られていて、風邪薬などにも使用されています。

 

歯周病の予防よりも対策の方に効果を発揮する成分で、歯ぐきの腫れや炎症などを抑えてくれる働きが期待できるといえるでしょう。

 

 

 

また、ガム・デンタルペーストにはガム・デンタルペーストACという製品も発売されています。

 

ガム・デンタルペーストACは殺菌・抗菌作用のあるCPCに加え

  • 歯ぐきの活性化を図るビタミンB6
  • 血行を促進するビタミンEn
  • 腫れや出血を防ぐβグリチルレチン酸

などが配合され、より歯ぐきのケアに特化した歯磨き粉となっています。

 

 

歯磨き時の出血などに悩まされている人はこちらをチェックしてみてもいいかもしれませんね。