シュミテクトコンプリートワンEX 効果

MENU

シュミテクトコンプリートワンEXの効果効能、歯周病への働きとは?

 

グラクソ・スミスクラインから発売されている歯磨き粉、シュミテクトコンプリートワンEX

 

歯周病予防だけでなくホワイトニング、知覚過敏などにも効果があるといわれていて、日本の歯磨き粉シェアの中ではトップクラスの製品となっています。

 

 

また、国外90ヵ国でも販売されるなど、その評価は日本だけに留まりません。

 

そんなシュミテクトコンプリートワンEXですが、歯周病に効果があるのはどんな配合成分なのでしょうか?

 

 

シュミテクトコンプリートワンEXの配合成分をリサーチ!

 

シュミテクトコンプリートワンEXに配合されている成分の中で歯周病予防に効果があるとされているのはMAG(グリチルリチン酸モノアンモニウム)という成分。

 

グリチルリチン酸モノアンモニウムとはマメ科の植物である甘草の根に含まれている有効成分、グリチルリチン酸の誘導体です。

 

高い抗炎症作用があるといわれていて、歯周病によって腫れてしまった歯ぐきなどに効果を発揮してくれます。

 

 

誘導体とは?

 

誘導体とは有機化学用語のひとつ。
簡単にいってしまうと成分がより効果を発揮させやすいように簡単な改変を行ったもの。

 

MAGはグリチルリチン酸にアンモニアを化合させることにより、元々持っている抗炎症作用をさらに高めています。

 

さらにMAGには口臭を防止する働きもあるとされていて、気になるマウスケアも同時に実現しています。

 

 

また、シュミテクトコンプリートワンEXには他にこんな成分も配合されています。

 

硝酸カリウム

カリウムイオンとなって歯髄神経線維の周りで刺激の伝達を防ぐ働きをしてくれます。
歯がしみる、知覚過敏に悩まされている人に有効な成分です。

 

フッ素(フッ化ナトリウム)

歯の再石灰化の際にエナメル質と結びつき、歯を強化する働きを持っています。
また、虫歯菌の活動を抑える働きも持っていますので虫歯予防に対してとても効果的な成分です。

 

 

その他、ブラッシングによるホワイトニングや歯石沈着予防も期待できますので、オーラルケアを考えている人には興味深い歯磨き粉だといえますね。