歯周病 甘いもの

MENU

歯周病は甘いものが原因?効果的な予防にもつながる糖分との関係!

 

甘いものを食べると虫歯になりやすい!

 

昔からよくいわれている言葉ですし、みなさんも子供の頃に両親から言われたり、逆にお子様に伝えたりしているのではないかと思います。

 

 

同じように、歯周病の原因にも甘いものが関係しているといわれることがありますが、その話は真実なのでしょうか?

 

虫歯も歯周病も、原因は口内で細菌が繁殖することによって起きるもの
歯周病と甘いものの関係を調べてみました。

 

 

糖分を取らなければ虫歯や歯周病にならない?

 

まずは虫歯や歯周病のメカニズムを簡単におさらいしてみましょう。

 

口内の細菌が固まり、プラークとなる。

プラークに食べカスなどがたまり、歯垢となる。

歯垢の中で細菌が繁殖し、虫歯・歯周病になる。

 

虫歯は歯の表面、歯周病は歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間)と場所の違いはありますが、ほぼこのようなメカニズムで進行していきます。

 

 

この時重要になるのが、細菌のエネルギーになるのは糖分のみだということ。

 

糖分を含まない野菜やお肉などが食べカスとして口内に残っていても、直接虫歯や歯周病の原因にはならないんです。

 

 

また、口内で繁殖した細菌は糖分を原料としてバイオフィルムというものを作り出します。

 

バイオフィルムは細菌たちを守るカバーのようなもので粘着力がとても強く、うがいや簡単な歯磨きなどでは取れないほど強力なもの。
その中で細菌たちは活動を続け、虫歯や歯周病を進行させていきます。

 

 

意外?糖分の多い食べ物

 

「甘いものはそんなに食べてないのに虫歯が増えてしまった」
なんて人が増加しているようです。

 

昔と比べて食生活にも大きな変化があり、意外な食べ物に多くの糖分が含まれていたりするもの。
代表的なものとしてスポーツドリンクやのど飴が挙げられます。

 

糖分の摂取を気を付ける際はこれらにも気を付けてみましょう。

 

 

このように糖分と虫歯・歯周病には大きな関係があります。

 

甘いものを控えることで虫歯や歯周病を予防するというのは医学的にみても効果的であるといえるでしょう。