歯周病 遺伝

MENU

歯周病は遺伝する?噂の真相とその真実をリサーチ!その原因とは!?

 

  • 親も虫歯が多いから…
  • 歯が悪くなりやすい家系だから…

 

こんな言葉を聞くことがあります。

 

虫歯や歯周病が遺伝するものだと思っている人は案外多く、それを理由に自分が虫歯や歯周病になってしまうことを受け入れてしまっている人もいるくらい。

 

このサイトでも再三お伝えしていることですが、虫歯や歯周病の原因は口内で繁殖した細菌の活動によるもの。

 

そこに遺伝が関係する余地が本当にあるのでしょうか?調べてみました。

 

 

歯周病は遺伝しない!ただし、その要因は遺伝する可能性があります

 

結論からいうと、虫歯や歯周病が遺伝するというのは間違いです。

 

上でも書いたように虫歯や歯周病の原因は口内で繁殖した細菌の活動によるもの。
そこに遺伝が関係する余地はないというのが現代医学が出している結論です。

 

 

とはいえ、それらが遺伝するといわれるようになっていった原因は存在します。

 

虫歯や歯周病の直接的な原因ではありませんが、その要因となる理由を以下に挙げてみました。

 

口移しでものを食べさせる

こちらでも書いたように、口移しでものを食べさせる際には一緒に口内細菌も移動させてしまいます。
そのため、親が持っている細菌が子供に移る機会は多いといえます。

 

 

食生活、環境が似る

虫歯や歯周病と糖分の関係はこちらで書きましたが、家族間は食生活が一緒になるもの。
親が甘いもの好きでよく食べる家の子供は糖分を多く摂るようになりますし、その結果虫歯や歯周病のリスクが高まります。

 

 

歯の形や骨格の遺伝

骨格は歯並びや歯の形に影響してきますが、それらによって歯磨きのしづらい(歯垢やプラークが付着しやすい)口内になってしまうことは考えられます。

 

 

 

これらが積み重なることによって親子共々虫歯や歯周病になってしまう家庭が多く、そこから遺伝の誤解が生まれていったと思われます。

 

虫歯や歯周病が遺伝する、と諦めるのではなくしっかりと対処していくことが大切だといえますね。