歯周病 タバコ

MENU

歯周病とタバコの関係とは?ニコチンが歯周病の原因となるのか!?

 

タバコは身体に悪い

 

そんな言葉は日常のあちこちで目や耳にしますし、喫煙者自身も分かっている人が多くいらっしゃると思います。

 

わかっちゃいるけどやめられない、ではありませんが、それでもつい吸ってしまうものですよね。

 

 

喫煙、特にニコチンの摂取による身体への影響は専門的なサイトが数多くありますし、ここではタバコと歯周病の関係に絞り、その影響などをまとめてみました。

 

 

喫煙者の歯周病リスクは非喫煙者の4〜5倍!?

 

結論から先に書いてしまうと、タバコは歯周病の原因となりますし、その他にも様々なリスクがあります。

 

タバコには数千種類の化学物質が含まれていて、そのうちニコチンなどの有害物質は200〜300含まれているといわれています。

 

さらに、ある統計データでは

1日10本以上の喫煙で5.4倍
10年以上の喫煙で4.3倍

歯周病にかかる危険や重症化しやすい危険が伴うといわれています。

 

 

では具体的にタバコと歯周病がどんな関わりを持っているのかまとめてみました。

 

歯周ポケットの形成

歯周ポケットとは歯と歯ぐきの隙間のことですが、ニコチンを摂取している人は摂取していない人に比べ、より深い歯周ポケットが作られやすいといわれています。

 

免疫力の低下

喫煙、ニコチンの摂取は体内の免疫機能を抑制してしまう作用があります。
そのため口内では細菌に対抗する力が失われやすく、繁殖を許してしまいがちになっていきます。

 

血管の縮小

タバコの煙に含まれる一酸化炭素やニコチンには酸素の供給を妨げ、血管を縮小させる作用があります。
そのため歯ぐきに必要な栄養が届かず、細菌の繁殖を容易に許してしまいます。

 

また、血管が収縮することで歯周病の症状でもある出血が起きづらく、歯周病の自覚を遅らせてしまうリスクも伴います。

 

 

このようにタバコには歯周病のリスクを高める様々な要因が含まれているんです。

 

 

また、喫煙者に見られる口内に残った「ヤニ」

 

歯が黄色く見えてしまうデメリットはもちろんですが

歯の表面がざらざらすることで細菌が吸着しやすくなる
口内に常にニコチンが染み出す状況になる

などの悪影響があります。

 

 

歯周病を予防するためには禁煙することが一番ですが、難しい人は本数を減らすなどの努力が必要だといえるでしょう。