歯周病 アルツハイマー

MENU

歯周病とアルツハイマーの関係とは?研究で判明した認知症との関係!

 

歯のぐらつき
歯ぐきの腫れ
歯磨き時の出血

 

成人日本人の約8割が罹っているといわれ、様々な症状で日常生活を脅かす歯周病

 

 

その原因は歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきの隙間に食べカスがたまり、そこに繁殖した細菌が出す毒素によるものです。

 

歯周病は上に書いたような症状が一般的で、さらに重くなると歯ぐきがやせ細り、最終的には歯が抜けてしまうなどの状態に陥ってしまいます。

 

 

さらに、歯周病は糖尿病、冠動脈心疾患、誤嚥性肺炎などの全身疾患を引き起こす原因となってしまうことも。

 

そしてもう一つ、歯周病はアルツハイマーとも深い関係にあるといわれています。

 

 

このページでは歯周病とアルツハイマーの関係について調べてみました。

 

 

歯周病とアルツハイマーの関係は?認知症のリスクを高めてしまう!

 

まずはアルツハイマーについて簡単に解説します。

 

 

アルツハイマーとは?

 

認知症のひとつであり、痴呆症とも呼ばれます。
人間のほとんどの活動は脳によってコントロールされていますが、この脳細胞が様々な原因で死亡してしまったり、働きが悪くなってしまうことで引き起こされるとされています。

 

症状としては

記憶障害
思考・判断力の低下
見当識障害

などが代表的なものとして挙げられます。

 

老年期の方に多く見られる障害で、うつや不安感、無気力といった感情障害が起こるケースもあります。

 

 

 

歯周病との関わり

 

厚生労働省の研究班の研究によると、歯のない人がアルツハイマー(認知症)になるリスクは、20本以上の歯が残っている人と比べ1.9倍にもなっていたとのこと。

 

これは

歯周病により歯を失ったり、噛む力が低下したことで脳への刺激が失われてしまう
認知症の一因となる脳梗塞が歯周病と関係していること

などが原因だとされています。

 

 

また、名古屋市立大大学院の研究チームの発表では、マウスの実験によって歯周病が認知症の一種、アルツハイマー病を悪化させることを明らかにしています。

 

こちらの研究では
記憶をつかさどる海馬にアルツハイマー病の原因となるタンパク質が沈着し、歯周病のマウスの方が面積で約2.5倍、量で約1.5倍に増加していた。
と発表されています。

 

 

 

いずれにしても、歯の健康を守ることは全身の健康を守ることに繋がります。

 

自分はまだ若いから大丈夫、などと油断せず、しっかりと対処していくことが大切だといえますね