歯周病 歯磨き粉 歯周病

MENU

歯周病の原因を詳しく解説!通常の歯みがきでは防げない理由とは?

オーラルケアの悩みの中でも、口臭、歯の黄ばみと並んで上位に挙げられる歯周病

 

日本人の成人の8割がかかっているといわれる歯周病は、ある意味では国民病といってもよく、予防には日々のケアがかかせません。

 

ですが、毎日しっかりと歯みがきをしているにもかかわらず歯周病になってしまった…そんな人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

私たちを悩ませる歯周病の原因とは何なのか?どうしたらケアすることが出来るのか?
このページではそれらを詳しく解説しようと思います。

 

 

歯周病の原因は歯と歯ぐきの間に食べカスが詰まってしまうこと!

 

虫歯が歯の表面に食べカスが残ってしまうことで引き起こされるように、歯周病は歯と歯ぐきの間に食べカスが残ってしまうことで引き起こされます。
歯と歯の間には歯周ポケットと呼ばれる隙間が空いており、そこに詰まってしまった食べカスは、通常の歯みがきではなかなか落としきることができません。

 

これらの食べカスに細菌が繁殖し、歯ぐきにダメージを与えていくのが歯周病です。

 

また、歯周病の罹りやすさには個人差があるといわれています。

 

口内が乾燥すると細菌が繁殖しやすい環境となってしまいますので、口呼吸の癖がある人やいびきをかく人などは比較的歯周病になりやすいと考えられています。
その他、不規則な食習慣、喫煙、ストレスなども歯周病に関係してくることが分かっています。

 

 

 歯周病を予防し、口内を清潔に保つケア方法とは?

 

矛盾してしまうかもしれませんが、歯周病予防に一番効果的なのは日々の歯みがきです。

 

とはいえ私たちが普段行っている歯磨きや手癖などが加わっていて、どうしても磨き残しや不十分なまま終わってしまうことが多いんです。

 

歯医者などで、歯周病を予防し、口内を清潔に保つ正しい歯の磨き方などを指導してくれるので、それらをしっかり学ぶことが大切です。
また、殺菌作用などがしっかり配合された歯磨き粉を使用するのも歯周病予防に大きな効果がありますので、ぜひそちらも試してみて下さい。